かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

コーヒー産地で初めて聞いた・覚えた国々

 

 こんにちは かーふぁです。

 

コーヒーの産地といえば、どこを思い浮かべますか?

 

f:id:caafa:20200510003943j:image

メジャーなところで、ブラジル・コロンビアまたはグァテマラ?

それとも高級豆の産地・ゲイシャのパナマ・ブルーマウンテンのジャマイカ

同じアジアのインドネシア・インド・ベトナム

 

いろいろな国があるわけですが、これらの国ってコーヒーの産地として覚えなくても

元々有名な国々ですよね。スポーツや歴史的背景・人気観光地として、すでに

コーヒーを飲む前から知ってたという人が多いのではないでしょうか?

 

コーヒーはコーヒーベルトと言いまして、赤道を挟んだ北緯25度・南緯25度の範囲内の国で栽培が盛んに行われています。結構この狭い範囲に数多くの国がひしめき、

中にはそんな国あるの?(縁やゆかりのある方すみません)という国があります。

 

今回、私が珍しいと思ったコーヒー産地をまとめました。

 

 

コーヒーをきっかけに覚えた国

 

ブルンジ(アフリカ)

f:id:caafa:20200510004005j:image

 日本ではあまり見かけませんが、産地としてはわりと知られた国のようです。

中東アフリカに位置し、隣国にケニアタンザニアがあります。 

 

初めてコーヒーの本で見た時、国旗の色合いはアフリカの色使いですが

デザインが独特で見たことがない感覚でした。

 

ブルンジの豆の特徴

 近年になりアラビカ種を生産し始め、スペシャリティーコーヒーも多く

栽培されています。アフリカ産の特徴良質な酸味を持ちます。

 

 

マラウィ(アフリカ)

f:id:caafa:20200510004022j:image

こちらもアフリカです。やはり遠い国で政治的背景が分かりにくく

TVなどで触れる機会が少ないからでしょうか?

 

タンザニアの南に位置する国でアフリカらしく、いろんな民族で構成

されている様です。

 

マラウィのコーヒー豆の特徴 

際立った個性はないが、中煎りから深煎りでまろやかなコクを

引き出せるのが特徴です。

 

 

ガーボベルデ(アフリカ)

f:id:caafa:20200510004036j:image

私が知ったきっかけは、初めてスターバックスリザーブでドリップコーヒー

注文した時、バリスタよりもらった説明書きによるとガーボベルデ

書かれている。その時は豆の産地もこだわってるなと、スタバリザーブ

感心した記憶がある。

場所は西アフリカの島国ということで、アフリカのメジャーなコーヒー産地の中央

東付近とは、だいぶ外れた位置にある。

 

ガーボベルデのコーヒー豆の特徴

 

ベリー系、スパイスの香ばしい香りを感じる、こちらも特徴的な味です。

私が飲んだ時は酸味が効いていたと思います。

 

 

ニカラグア(中南米)

f:id:caafa:20200510004053j:image

え、知らないのと言われそうですが、私コーヒーを始めるまで知りませんでした。

土地柄、標高の高い場所が多くコーヒーもこれらで栽培されています。

 

ニカラグアのコーヒー豆の特徴

ニカラグア独自の希少品種 ジャバニカ が売りの一つ。

豆の形は細長く、味はフローラルでシトラスな香りが広がる。

それ以外の豆もバラエティに富んでいる。

 

他にも色々ありますが、今回かなり私見で選ばしてもらいました。

 

マイナーなコーヒー豆を見つけたらぜひ飲みたいですね。