かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

G撲滅は部屋をキレイにするモチベーション

 

私がなぜ部屋をキレイにするか?

 

その掃除をするモチベーションになっているのは間違いなく天敵のGによるところが大きいです!

そうじゃなくても、掃除はするべきなんですが・・・やっぱり一度あったことってトラウマになります!

 

 

今回の記事を読んでいただける方は、あまり想像を膨らまさずに読む事をオススメします笑

 

 

そしてG=○キブリとして、記事では表現していきます。

 

目次

 

G撲滅は部屋をキレイにするモチベーション

 

 

ある時から始まった

 

私がGを嫌う理由があります。

まあ好きな人はなかなかいないですよね。 

それは少し汚い話、今から5年前Gが部屋の中に大繁殖?!

 

最初は、「なぜ急に出くわすことが多くなったのだろう?」と分かりませんでした。

 

そして分かった発生原因はシンク下に閉まっていた海苔の佃煮です。

 

この佃煮ビニールの袋に入っていて封を切っていないと思ってたんですが、実際は何かの拍子で包装紙が破れていて完全に空いていました

ダダ漏れです!

 

そんな海苔の佃煮はGの格好の餌食となってしまいます。

シンク下と言えば排水管が下へと、つたって備わっている事もあり、最もGの出現率が高い場所の一つ!

 

まず減らすためにしたこと

 

f:id:caafa:20200913120831j:image

ド定番ですが、まずは家にいる絶対数を減らさなければいけません。

 

トラップを買ってGの通り道になりそうな隅に置きます。

これはやはり効果大でした。

 

覗き見るのは少し勇気がいるもので、見るのも嫌でしたが、取りあえずは減少させることができます。

 

次にブラックキャップです。

これは毒餌を食べさせて巣に持ち帰らせて仲間ごと消滅させるという、いわば根源から発生原因を廃絶しようというものです。

 

ちなみにこちらのブラックキャップを置くとトラップ以上にかなりの効果が出たような気がします。

 

しかし!毒餌を喫食したらそのまま巣に持ち帰って欲しいのですが・・・

時には持ち帰る間もなく家の中で倒れています⤵ 足が痙攣していたので明らかに毒餌を喫食後なのは分かりますが、これを見るのがなー

効果はあるが、時に見たくないものを見なければならない!のは中々つらいモノがあります。

どうしても普段、ブラックキャップが目に入るだけでもちょっと疲れますしね。

 

なのでこの毒餌タイプは個人的に苦手なので一度使ってからは、それ以降は使わなくなりましたね。

 

 

 

そしてこの日を機に、そもそもGを見ることのない部屋にする事を決意!

そう、侵入から防いだらいいんです。

 

 

彼らの生態

 

生命力の高さはすでに有名な話ですよね。なんといっても太古3億年も前から存在したと言われていますし、もはや人間は共存していく運命なのかもしれません。

 

基本的に家庭や街中で見るような種類は2種類いるのですが、いずれも外来種だそうです。

日本固有種もいるのですが、基本的には自然のある地域に生息しているようです。

 

そしてこの外来の2種類の繁殖力が半端ないらしいんです!

やはり外来生物の繁殖力って恐ろしいですね!

 

そんなGも冬場は出現しない(最近は暖房の影響もありも時折見る)ことからも分かる通り寒さを嫌い、暖かい気候を好みます。

 

ということもあり、何と同じ日本でも北海道では生息しておらず、見たことすらない人も多いとか・・!

 

おそらく普通の北海道より以南の地域に住む人なら、見たら目を背けたくなるようなものでしょう。

しかし北海道の方々は平然とGを見て興味深そうに眺めている姿を、以前TV番組で見たことがあり、びっくりした記憶があります。

カブトムシの一種と間違えることもあるくらい認知されていないんですよ!

 

そんな北海道がうらやましくもありますが、最近はそれでも気候がだんだんと温暖化してきたり、家の中が暖かくなったりして越境したGが繁殖できる環境になってきているようです。

 

G予防に行ったこと

 

 

やっぱりいろいろグーグルで調べないと予防方法が分かりません。

時には見たくないのに写真付きの説明もあるわけですが、そこは我慢です!

グーグルってすごいんですけど、こういう時困ります!!

 

排水溝付近を密閉

 

f:id:caafa:20200913120917j:image

 

まずは、排水管付近の侵入経路と思われる部分はテープで完全密封

もともとシンク下の排水管と床との接触部分には大きな隙間がありました。

こういった隙間はGが入ってくるスペースになりますので塞ぎます。

Gは少しの隙間からも侵入してくるからです。

特にまだ小さいときは、体も小さいので簡単に入ってきます。

  

それでもはじめのうちは、やっぱりGのいる黒いモノが残り形跡が消えませんでした。

 

そんなこともあり最終的にはシンク下には、食品類も含めて何も保管しないようにしました。

 今では完全にシンク下は空の空間となっています。

 

本当は広いスペースなので置き場として申し分ないんですけどね⤵

シンクに置く三角コーナーが不衛生なので、代わりにシンク下にゴミ収納なんてお掃除本に書いていたりするんですが、我が家はそんなこと絶対無理です!

取りあえず入っていた食品類は排水管等の侵入経路のないコンロ下へと移動させることにします。

 

Gの苦手な臭い

f:id:caafa:20200913120854j:image

そして、Gが苦手な匂いを調べました。

これはG予防ですね。嫌いな香りを漂わせることで部屋の中に寄せ付けない。

「よくある蚊除けのようなことがGにも出来ないかなー」と思って調べました。

 

そうすると、Gが苦手なのはハーブ類やレモン等の柑橘類の臭いという事が判明!

 

すぐさま実行に移します!

まずは食器用洗剤を無香料からオレンジ成分配合の洗剤に変更。

少しでも排水溝の生臭さが緩和されたらいいと思い変えてみます。

ちなみに現在使っているのはJOYジョイのオレンジピールです。

 

続いてはトイレです。

 

トイレの芳香剤も今までラベンダーのような香りだったのをハーブの香りのものに変えました。

 

最後は部屋の中も考えないといけません。

そこで、アロマディフューザーです。

虫除けとして、スペアミントやペパーミントの精油を購入しました。

今まで使っていた定番のラベンダーや柑橘系の物から方針転換です。

毎日は難しいですが、定期的にハーブ系の香りを部屋に漂わせることにしました。

 

個人的にあまり好きな香りではないのが難点ですが・・・

出かける時等のタイミングで使用することにしています。

f:id:caafa:20200913120949j:image

 

食材選び

 

 

夏になるとなるべく使用しない食材があります。

それが、玉ねぎです。

使うとしても、翌日がごみ収集日等のすぐに捨てれる日に限ります。

何かと料理に大活躍する玉ねぎですが、対Gになると誘因力のある成分になってしまいます。

防除でよく言われるホウ酸団子にも、誘因成分として玉ねぎが使われているくらいです。

 

 

対策した効果

 

 

効果はてきめんです!

 

もちろんこれだけが要因ではないかもしれませんが、明らかにGとの接触は減少しました。

 

それでも、年に2・3回は遭遇するのですが「一時期に比べれば」と思います。

ピーク時は毎日のように見かけてましたから・・

個人的には特に暖かくなったタイミングで見ることが多いので、寒いときに出なかった油断で対策が行き届いてないのかも・・と思います。

 

やっぱり見たいモノじゃないですよね。

 

あとは、どれだけ自分の部屋を清潔にしていても、隣近所が不衛生ならやっぱり出るそうです。

集合住宅なので、「お願いだから隣人さん、部屋は清潔にしてくれ!!」と願いつつ今日も部屋を清潔にすることを心がけるのです。

 

 

今回もご覧いただき有難うございました。

 

 

caafalife.hatenablog.com

 

 

caafalife.hatenablog.com