かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

カフェインの効能 表裏一体のその効果の数々

 

コーヒーや紅茶に含まれるものの中にカフェインがあることは、すでにご存じのことと思います。

 

最近はカフェインの服用によるデメリット面が叫ばれて久しいですが、カフェインのメリット部分も見ていきたいものです。

 

ということで、カフェインの効能について簡単にまとめました。

表裏一体という面で見ていきました!

 

 

目次

 

カフェインの効能は表裏一体

 

f:id:caafa:20201109224104j:image

 

まずカフェインを多く含むものは何?

 

 

 

カフェインがコーヒーや紅茶に含まれているのはご存知かと思いますが、その他にも緑茶やチョコレート・ココア等にも含まれています。

そう考えると「普段何気なくカフェインって摂取しているんだな」というのが分かります。

 

実際にカフェインが多く含まれるモノ

 

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ココア
  • チョコレート
  • コーラ

 

上記に羅列しましたが、カフェインを多く含むものって「どれも美味しい!」と言うことです。

 

個人的にはココアは苦手なのですが、それでも皆さんも日頃から口にするような美味しいものが多いですよね。

 

 

 

カフェインのメリットとデメリット

 

 

 

眠気覚まし

 

 

まず初めに「コーヒーを飲みたい・飲もう!」と思う時って、どういう時でしょうか?

その中でも眠気覚ましにコーヒーを飲みたい!というのは、定番の一つですよね。

一つのシチュエーションとしてコーヒーを朝飲む理由は、目覚めてからの水分補給より、やはり眠気覚ましを理由に飲みますよね。

コーヒーを朝に飲むというのが習慣だったり・定番化しているのも、眠気を覚ますというところから来ているのが大いにあると思います。

  

 

実際に昔の人々がコーヒーを飲むようになったきっかけも、当時の修道士が夜の修行に、やはり眠気覚ましに飲むようになったのが一つの理由となっているくらいです。

 

それくらいカフェインの持つ眠気を覚ます効果は、はるか昔から認められていたと言えます。

 

その反面、カフェインによって眠気が覚めるというのは、同時に夜寝る前の摂取は睡眠を妨げる可能性もあると言えます。

この影響を受けた人も多いのではないでしょうか?

眠れなかった時、ふと思い返せば原因は寝る前のカフェイン摂取だったかもしれません。

 

厳密にはカフェインを体から完全に分解するのは10時間は必要と言われていることからも、あまり夕方以降は過剰に摂取するのはおススメしません。

 

 

www.coffee-waves.com

 

 

食後の消化吸収を助ける

 

f:id:caafa:20201109224207j:image

 

コーヒーは胃もたれの原因になると言われているのに、消化吸収を促す?って聞くと矛盾しているようにも一見思いますよね。

これは、コーヒーを飲むタイミングの違いによります。

食前後のコーヒーの摂取はむしろメリットが大きいんです。

 

カフェインには胃液の分泌を促す効果があると言われており、それが食事後の消化吸収をスムーズにすると言われています。

外食先でコーヒーが付いてくることが多いのも、理にかなっていると言えますね。

 

 

ですが、これは胃に食物が入っている場合の話です。

逆に空腹時のカフェインの摂取は消化するものがないのに無理に胃液を分泌させ胃を痛める原因となってしまうからです。

これが、胃もたれの時にカフェインの摂取は控えなさいと言われる理由です!

 

カフェインを取る時はタイミングが重要なんですね。

このことからも、先にあった通り朝コーヒーを飲む人も多いと思いますが、よくやりがちな朝食抜きで朝はコーヒー一杯だけというのは、良くないことが分かります。

 

 

また、栄養の一つ鉄分の吸収に関しては、妨げる原因となる事持デメリットの一つです。

鉄分を多く含む食材には、卵やレバーや魚などがあります。

 

この鉄分が不足すると、頭痛の原因や体のダルさの原因にもなります。

これってお気づきの通り、カフェインの過剰摂取時に置ける定番の症状ですよね。

実は食後のカフェインの摂取が助長しているとも言え、習慣化は決して良くないとも言えます。

 

覚せい作用

 

 

眠気覚ましと繋がる部分がありますが、パフォーマンスを上げるためにカフェインを取りたいというのも、よくあるシチュエーションでしょう。

仕事中や勉強中等、頭を切り替えたい時には脳が活性化し集中力を向上させたい場面で摂取したいですよね。

 

しかし、こちらも気を付けなければいけないのは、この覚醒作用は脳を一種のマヒ状態にしているだけだということです。

カフェインによる即効性はある程度期待できますが、効果は一時的なもので長く続かず、カフェインが切れると今度はパフォーマンスの急激な低下を招くことになります。

 

 

 

 

 

利尿作用

 

 

カフェインを取ると、分かりやすい効果が利尿作用です

トイレが近くなる?というのは出先ではデメリットにもなりますが、人は尿を通して体内の毒素を排泄するものと言われています。

この点では、カフェインを取って水分(毒素)を排出することはメリットです。

 

しかしその一方で、多くの水分を排出することにもなりますよね。

そんな時に危険なのが、夏場の熱中症です。

カフェインが直接原因とも言いづらいですが、カフェインだけの摂取を続けると水分が奪われていき熱中症を起こす原因の一つになるかもしれません。

 

 

 

 

 

リラックス効果

 

f:id:caafa:20201109224134j:image

 

カフェインには精神を落ち着かせるリラックス効果があることはよく知られた話です。ティータイムなどにお菓子とともにカフェイン飲料のアロマを嗅ぎながら、過ごす時間は大事なリラックスタイムを作るのに十分です。

 

しかし中には、リラックス効果が薄れると不安症状がやってくる方もいます。実はこれも結構厄介です。

特にこれはうつ症状の方やパニック症状を持つ方には逆効果にもなるとも言われており、不眠の原因とともに飲む場面には注意が必要です。

 

 

 

カフェインの安全な摂取量

 

 

これは体質によるもので一概には言えませんが、コーヒーであれば1日3~5杯程度なら問題ないという声もあれば、缶コーヒーなら1本で摂取量限度までいくという研究もありとても難しいんです。

 

 

中でも一般的なカフェインを含む飲料とは違い、やはりエナジードリンクや眠気覚まし用のドリンクのように、意図してカフェインを含ませた飲料は注意が必要です。

お酒で言えば、ストロング飲料のようなものでしょうか?

甘く味付けされたエナジードリンクは、飲みやすいが上に摂取量が増えてしまう危険と量のわりにカフェインが含まれる量も多くなっているので注意しなければなりません。

 

こればかりは、アルコールと一緒で自分の限度というのを自分で推し量るしかありません!

 

 

まとめ

 

f:id:caafa:20201109224148j:image

 

コーヒーや紅茶の記事を書く者として、デメリット面を羅列させるのは?と自分でも感じてはいますが、デメリットを知ることでメリットを生かせるとも思い、今回書きました。

 

 

どんなものでも、摂取量に限度はありますし人によって体質も異なります。

例えば、最近は体に良いとされてきた牛乳も、昔から摂取してきた習慣のない日本人には、普段から摂取している欧米人等と比べて栄養に変える効率がはるかに悪いと言うような遺伝子の違いも指摘されてきました。(もちろん体には良い)

カフェインもその効果は千差万別です。

 

 

どうしてもカフェインを取れないという場面ではカフェインレス飲料を飲むという手もあります。

 

 

カフェインの事をよく知ることで、普段からおいしく摂取することが重要ですね。

 

今回もご覧いただき有難うございました。

 

 

www.coffee-waves.com

 

 

www.coffee-waves.com