かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

コーヒー サードウェーブはよく聞くけどファーストウェーブは?

 

今のコーヒーの流れ(流行)は、サードウェーブと言われています。

厳密にはサードウェーブからフォースウェーブへの移行期くらいにあたるでしょうか?

 

ところでサードウェーブというくらいなら、今までファーストウェーブやセカンドウェーブという流行も当然あったわけですよね。

 

今回はその中でコーヒーのファーストウェーブがどういうモノだったのか?について記事を書いていきます。

 

f:id:caafa:20201015215231j:image

 

目次

 

ファーストウェーブとは?

 

f:id:caafa:20201015213143j:image

 

ファーストウェーブの発信地

 

 

まず、ファーストウェーブ(第一の波)ですが、アメリカにて19世紀から20世紀初頭に起きたコーヒーの波と言われています。

 

一言でどういうものだったかと言えば、コーヒーの大量生産と大量消費です。

 

それ以前にもコーヒーはアメリカで飲まれてはいましたが、決して簡単に飲めるものではありませんでした。

それには、コーヒーの保存という点がキーワードとなってきます。

 

コーヒーはもちろん豆の鮮度が重要になってきますが、当時はまだ長期保存が難しくコーヒーは収穫された現地で飲まれるのがごく普通の事でした。

 

コーヒーの産地と言えば、アメリカから遠く離れた中南米やアフリカ・東南アジア等の地球上でいえば南半球にある国がほとんどです。

そんなコーヒー産地からは、現在のように流通経路が整ってるわけでもなく、輸送にも長い時間が掛かったために、アメリカで手軽にコーヒーを味わうのは難しい事だったのです。

 

しかし、当時生まれたいくつかの技術がコーヒーをより身近な飲み物へと変えていきます。

 

インスタントコーヒーの発明

 

 

f:id:caafa:20201015213156j:image

 

そんな中、一石を投じることとなるのがインスタントコーヒーの発明です。

ご存知の方もいると思いますが、このインスタントコーヒーの最初の発明は日本人科学者によるものです!

その日本人とは加藤サルトリという方なのですが…

 

ちょっと引っ掛かりますよね。

なぜ、この時代にカタカナなのか?

 

実はこの方はシカゴに留学していたときに加藤商会を設立します。

インスタントコーヒーを発明した場所は、日本ではなく、アメリカにいたときだったんです。

そして発明したインスタントコーヒーはニューヨークで開催された博覧会にて出品することになり、非常にアメリカとゆかりのある方だったと言えます。

 

f:id:caafa:20201015213217j:image

 

1899年、加藤サルトリ氏の発明したインスタントコーヒーはスプレードライ製法といい、緑茶を粉末にする技術をコーヒーに応用したものになります。

ただ、最初の発明者としては加藤サルトリ氏なのですが、残念なことにこのインスタントコーヒーは特許を取っていませんでした。

また、発明したインスタントコーヒーはコーヒーに重要な風味に欠け、高い評価を受けるには至りませんでした。

 

こういったこともあり、正式な発明者としては、別の方法で発明したアメリカのジョージワシントン氏のインスタントコーヒーが特許を取って、世に知れ渡るようになります。

 

このジョージワシントンのものを商品化して大きな成功を収めたのが、今でも有名なスイスに本社を置くネスレになります。

ちなみに日本でのインスタントコーヒーの大量生産はこちらも有名な森永製菓になります。

お湯を注いで簡単に作れるインスタントコーヒーはもちろんヒット商品になりました。

 

このインスタントコーヒーの登場は、今まで難しかったコーヒーの長期保存という意味で一つの方法が生まれ、しかも手軽に淹れることができるのでコーヒーの大量消費へと繋がったのです。

 

真空パック技術の登場

 

 

インスタントコーヒー以外にもコーヒーの長期保存を可能にした技術が当時生まれます。

今ではごく当たり前になった真空パックです。

真空パックに入れて輸送することで、コーヒー生産地から遠いアメリカ本土まで新鮮なコーヒー豆を運ぶことができたんですね。

こちらの技術もコーヒーの大量消費に一躍買うことになります。

 

その頃の日本では・・・

 

 

1960年代まで続くコーヒーのファーストウェーブですが、その頃の日本はどうだったのでしょうか?

日本のコーヒーの飲み方はハンドドリップが主流で、一杯ずつ淹れるスタイルは今のサードウェーブの流れに通じるところがありますが、日本ではすでにこの頃の定番の飲み方です。

そして喫茶店の文化が生まれます。

今では、カフェ等の形態に押されて数を大幅に減らしていますがレギュラーコーヒーを提供する喫茶店は、まだコーヒーが家庭的な飲み物でなかった時代に重要な憩いの場となりました。

最近は、原点回帰でこういった喫茶店も再注目されるようになっています。

 

缶コーヒーの発売

 

 

ファーストウェーブとセカンドウェーブのはざまに生まれたのが、缶コーヒーです。

こちらの缶コーヒーも日本生まれの飲み物で、当時から日本人がコーヒーを好んでた証でもあるでしょう。

初めて缶コーヒーを発売したのはUCC上島珈琲からのものです。

UCCの缶コーヒーはもはやパイオニアであり、今日でも缶コーヒーと言えば真っ先に思い浮かぶシリーズの一つではないでしょうか?

この頃の日本では、コーヒーと言えば喫茶店で飲むレギュラーコーヒーが一般的で過程で飲まれることはほとんどありませんでした。

 

初めての缶コーヒーは今でも現役の茶・白・赤のラベルが特徴のミルク入り缶コーヒーです。

発売当初は、難しい船出となりましたが、後の日本万国博覧会を通じて浸透し今に至る

定番コーヒー商品となります。

 

質より量のコーヒーへ

 

 

インスタントコーヒーや缶コーヒーの登場は、コーヒーを身近なものにするだけでなく、大量生産と消費へと繋がりました。

しかし、それによって失うものもあります。

それが、コーヒーの品質の低下です。

やはり鮮度の面では、これらのコーヒーの飲み方では味の点で落ちます。

 

確かにこれらのコーヒーは安く流通されますが、そのままコーヒーの価値を下げることとにもなったんです。

いわばファーストウェーブは「質より量の時代」だったんですね。

 

当時のコーヒー農園主達は安く取引されるコーヒーに生計が難しくなり、廃業になった農園も多く出たそうです。

現在でもそうですが、コーヒー生産国は発展途上国に多い傾向があります。

コーヒーはその国の経済に関わる重要な作物であり、外貨獲得の手段にもなっています。

コーヒーの価値の低下は、当時のコーヒー生産国の経済にも大きく影響したものと思われます。

 

まとめ

f:id:caafa:20201015213240j:image

 

今のサードウェーブのコーヒーのように、ファーストウェーブ期は美味しいコーヒーを飲みたい・飲めるという環境ではなかったと言えます。

良くも悪くも良いコーヒーを知らない時代であり、今よりコーヒーはもっとジャンクな飲み物だったと言えますね。

ともすればコーヒーは当時体に良いものでは決してなかったはずです。

 

しかし今でも続くコーヒーの飲み方の原型が、このファーストウェーブの時代に出来上がったとも取れます。

家庭用のドリップマシンの原型が生まれたのも、このファーストウェーブ期です。

 

このファーストウェーブがなければ、セカンドウェーブやサードウェーブがなかったのは言うまでもありません。

当時のコーヒーをもっと身近に家庭的なものにしたいという気持ちが、ファーストウェーブに繋がったんですね。

 

今回もご覧いただき有難うございました。

 

 

www.coffee-waves.com

 

 

www.coffee-waves.com