かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

【コーヒー雑記】最近のコーヒー器具は選択肢が多くてオシャレになった【この5年程で感じること】

 

こんにちは!

 

コーヒー器具に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

コーヒーを趣味にしていると、コーヒー器具(アイテム)というのは自然に興味が湧いてくる物です。

 

むしろ、このコーヒー器具のバラエティの豊かさが、コーヒー趣味へと誘う大きな要素の一つだと思ってます。

 

f:id:caafa:20200703225941j:image

 

もちろん魅力的なコーヒー器具の数々、欲しいものが沢山ありますし、コレクション気質もあり集めたくもなります。

 

しかし次から次に発売されるコーヒー器具達、この所有欲が追いつくはずがありません。

自分の中のコーヒーアイテムの需要と供給は完全にアンバランスです。

 

思えば、5年程前から始まったコーヒーライフですが、その時のコーヒー器具って本当にコーヒーメーカーから販売されている物が殆どだったと思います。

 

そこからコーヒーメーカーだけではなくカトラリーメーカーや老舗メーカーのブラッシュアップも重なり本当にアイテム増えましたよね。

 

そして機能性は分かりませんが、オシャレというか見せる器具が増えたと思います。

 

たった5年もの間に随分様変わりしたなーとしみじみ感じるんです。

 

 

コーヒー器具の選択肢が増えオシャレになった

 

 

器具紹介の記事はすぐに古くなる

 

 

珈琲 for Beginners2020 (100%ムックシリーズ)

珈琲 for Beginners2020 (100%ムックシリーズ)

  • 発売日: 2020/02/14
  • メディア: ムック
 

 

 

この手の本がよく本屋でも見かけますし、私も初めにコーヒーを作り出した時はこういった本から入口として入りました。

器具の記事は直ぐに更新をかけないとすぐに古い情報になってしまうと思う程です。

 

5年程前はコーヒー器具はもっとコーヒー器具っぽかった

と言えば、何となくイメージが付くでしょうか?

たった5年なんですけどね。

 

よくイラストや喫茶店で見るようなコーヒー器具が定番でした。

これぞコーヒードリッパー!

コーヒーサーバーと言えばこの形!

というイメージです。

もちろん全てではありませんが。

 

今でもメリタ.カリタ(扇状型).コーノ.ハリオは定番で比較対象にもなりますが、これだけ

新製品が出てる中、凄いことなのかもしれません。

 

でもドリッパーのベースは、扇型か円錐型で今も昔もそれほど変わらないとも言えますね。

 

しかし、昔のコーヒー器具の紹介ページを見ると、やっぱり時代を感じるものです。

 

コーヒーの主要器具の変化

 

 

ドリッパー

 

ドリッパーでいえば、形は似ていますが各メーカーからさらにスマートさが加わったドリッパーが発売しています。

 

また、ビアレッティのようなマキネッタのメーカーやORIGAMI(オリガミ)からもドリッパーに参入するようになりました

 

SimpleReal TAMAGO コーヒードリッパー 1~2杯用 セラミック.ホワイト

 

そして浅煎りコーヒーのブームもあるのでしょう。

ハリオをよく見かける様になり、逆に喫茶店以外でメリタやコーノのドリッパーを使っているのはあまり見かけなくなりました。

 

caafalife.hatenablog.com

 

 

サーバー

 

サーバーは今迄、無骨なガラス製品の域を出なかった感があります。

丈夫そうだけど、スマートさに欠ける...そんなイメージでした。

HARIO (ハリオ) コーヒーサーバー オリーブウッド 400ml VCWN-40-OV

 

しかし、今では丸みを帯びた形から目盛を簡易化した物などシンプルでいてデザインに優れたものが増えたと感じます。

 

KINTO (キントー)  SCS コーヒーサーバー 600ml 27623

 

 

ドリップポット

 

 

注ぎ口が鶴口のポットが減りました。

お店でも使う人、あまり見られないですね。

 

ドリップポットは細口が主流になり、しかも以前より細口なものも増えています。

 最近は特に細く煎れること(湯量調整)への信仰心みたいなものを感じますね。

 

今やドリップ専用の電気ケトルも当たり前になり、1杯取り用のドリップポットも出てきました。

 

ドリップ用電気ケトルや1杯取りのドリップポットは、コーヒーの家飲み需要が増えたからこそ商品として成り立ったんだろうと感じます。

 

 

caafalife.hatenablog.com

 

 

まとめ

 

選択肢が多いのは、選ぶ方としては楽しいし趣味として飽きないですよね。

 

今やインテリアの一部にもなるコーヒー器具です。

私はもうコーヒー器具を全て揃えていくのは諦めました⤵︎

少数精鋭で楽しもうかなーと(結構持ってる方かも知れませんが)

 

でも、欲しくなってまた買う時が来るんだろうなー

 

今回もご覧頂きありがとうございました。