かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

コーヒー豆 保存方法【美味しさの寿命を延ばそう】

 

こんにちは かーふぁです。

 

美味しいコーヒーを飲むには豆から購入が鉄則ですよね。しかし美味しいコーヒーを飲める時間は限られています。

豆はきちんとした管理方法で保存したいものです。

 

目次

 

コーヒー豆の保存

 

f:id:caafa:20200523010424j:image

 

コーヒー豆の劣化の原因

 

コーヒーの劣化に影響を及ぼす物は主に4つあります。

 

  1. 空気【酸素】
  2. 温度
  3. 湿度
  4. 直射日光

 

この4つです。

 

その中でも、季節に関わらず最も影響を及ぼすのが空気になります。

コーヒー豆が空気中の酸素に触れる事により酸化が始まります

コーヒーだけに必ず他の食べ物、少し嫌な話、私達生き物も酸化が原因で老いると言われています。

 

これを防ぐには単純に空気に触れさせない事、

つまり容器に入れて密閉状態にしてしまいます。

 

でも密閉ならどんな物に入れても良いわけではありません。

 

紙袋やビニール袋は空気を通すので、いくら蓋を閉じても相応しくありません。

店で購入した豆はこの状態が多いですが、

直ぐに移し替える事を推奨します。

一度そのまま常温で保管していたら、あっという間に品質が下がった経験があります。

 

色々カトラリー関係やコーヒー器具メーカーから保存容器は出ています。

 

基本的にはガラス製のキャニスターがおすすめです。

これは冷蔵庫保管も出来るからです。

容器自体も空気を通さず蓋もガッチリ締める力があるので、漏れもありません。

透明なので、中のコーヒー豆が見えるので見栄えも良いですよね。

 

注意点は豆が減っていく程、容器内の空気の入る面積が広くなるので、容器は自分の使う豆の量に合ったギリギリの大きさがベストです。

 

豆が減るほどに酸化速度速まってしまうと考えましょう。

 

 

 

コーヒー豆の賞味期限

 

豆の状態か粉の状態かで期限は変わります

 

一般的に粉の状態だと僅か一週間

豆の状態でも2週間が目安となっています。

 

ただここで一つ、注意しなければいけないのは

お店で買ったコーヒーが必ずしも新しい物とは限らないという事です。

 

寿命は焙煎後から日に日に短くなりますが、

その日焙煎したものをお目にかかる機会は

きちんとした店でないと難しいと思います。

 

セール品として見切品のように売られている物。

よく見るコーヒーのショーウィンドウの中身があとわずか。

このような時も焙煎後から時間が経過している豆と思った方がいいかもしれません。

 

私もあるコーヒー豆販売店であった事ですが、袋入りでパックして売られているのがありました。

何種類かある中で1種類だけ一袋しか残ってないのがありました。【他の豆は5袋は在庫あり】

そしてこの豆があのハワイコナエキストラファンシーという高級豆でした。

確かに良い豆ですが値段的にも特別売れる事はないだろうなと思いました。

せっかくの高級豆も、その一つのみという状態だったので、焙煎後からどれだけ経つのか怪しさが漂っていた経験があります。

 

コーヒー豆を購入する際は回転率の早いよく売れている店から購入するか、注文後焙煎して届けてくれる様な通販がベターだと思います。

 

少し勇気が入りますが、お店の人に焙煎後何日経つかを聞いてみても良いでしょう。

きちんとした自信のあるお店は答えてくれるのではないでしょうか?

 

コーヒーの保管場所

 

続いて保管場所はどこがいいでしょうか?

 

初めにも書きましたが、光や温度もコーヒーの天敵になります。

日光の当たらない冷暗所、ご家庭なら冷蔵庫が良いでしょう。

大体1週間〜2週間の保管ができます。

さらに長持ちさせるには、パッキング袋、ジップロックなどに入れ冷凍庫へと保管します。
これで、約一ヶ月の保存が可能です。


ただ欠点もあり、どうしても出した時、豆が湿気ってしまっている事です。

温度自体が下がっているため、抽出時の温度に気をつけなければいけません


もし冬場のような低い気温時の保管は、暖房をかけない寒い場所なら常温保存でも問題ありません。
特に空気は暖かい程、上にあがる性質があるのでより低い場所に置いて保管するのが効果的です。

 

私は冬場は玄関付近のフローリングに置いてコーヒーを保存しています。


もう一つは臭い移りのしない場所である事です。冷蔵庫で保管する時などは、強い臭いを出す食品との保存は避けるのがベターです。

 

と言ってもなかなかコーヒー中心に、冷蔵庫の中身を決めるのは難しいでしょうから、少しでもコーヒーから遠ざけて保管するように意識するしかないです。

 

 

以上のように豆を新鮮に保ち、少しでも長く美味しいコーヒーを常に飲める状態にしたいものです。

豆の保管が効けば、無駄に劣化した豆を捨てる事なく、最後まで飲み続ける事も可能になってきますよね。

 

少し手間もかかりますが、コーヒーと保存はセットです。

 

今回もご覧いただき有難うございました。