かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

日本のコーヒーの歴史と文化【世界に誇れます】

 

 こんにちは かーふぁです。

 

今日は日本のコーヒーの歴史と文化について書きたいと思います。

 

目次

 

日本とコーヒーの歴史を辿る

 

 

初めて日本でコーヒーが飲まれたのはいつ、どこで誰?

 

f:id:caafa:20200524192655j:image

 

初めてコーヒーが日本に入ってきたのは、江戸時代の17世紀後半と結構古い時代には

すでに入ってきてました。

 

誰が日本人としてコーヒーを初めて飲んだのか、はっきり誰かまでは分かっていません

 

しかしそれは、通訳か遊女ではないかと言われています。

というのも当時国交のあったオランダ人が長崎県の出島に持ってきたのが最初なので

そこに呼ばれた人の可能性が高いのです。

 

オランダ人が持ちこんだと言うことは、統治化だったインドネシア産の豆かな?と想像しつつ

、しかし当時は薬として紹介されていたらしく一般的に広がることはありませんでした

 

それでもコーヒーという名の記述は【長崎見聞録】という日本とオランダの国交が書かれた書物に確かに出ているそうです。

 

ちなみに実際に飲用体験が綴られた物としては、1804年江戸中期の狂言師、大田蜀山人

(しょくさんじん)が記した瓊浦又綴(けいほゆうてつ)の中に書かれています

その時の感想は「焦げ臭くして味ふるに堪えず」。。。要するに口に合わなかったようです。

 

 

日本の明治以降におけるコーヒー文化の変遷

 

f:id:caafa:20200524193123j:image

 

茶店文化の始まり

 

 

江戸時代に初めて飲まれたコーヒーですが、一般的に飲まれるようになったのは

明治時代になってからです。

 

文明開化とともに洋食の店も増え始め、この時から一緒にコーヒーを提供する店が出てきました。

そして日本の喫茶店文化も広がりを見せます。

 

しかしそのコーヒーも第二次世界大戦が始まると、コーヒーは贅沢品の扱いを受け

一時期コーヒーの輸入が滞ったこともあり、飲めなくなる時代もありました。

 

1950年の輸入再開後、また日本人の生活に再度根付いていきます。

 

新たなコーヒー形態の波

 

 

1970年代より喫茶店も急増し、1987年には16万~17万件のお店があったとされています。しかしこれをピークに減少の一途をたどります。

 

缶コーヒーの発明やインスタントコーヒー等、コーヒーを飲む選択肢が増えたことや

自宅でも簡単に飲めるようになったのが理由にあります。

 

また、スターバックスに代表されるシアトル系コーヒーの上陸で、カフェ形態のお店が増えていきます。

 

ハンドドリップ等、手で淹れるコーヒーから徐々にラテを中心にしたコーヒー関連メニューが増えていきました。

 

しかし、サードウェーブという新たなコーヒーブームは、日本の喫茶店で今まで

行われたハンドドリップを逆輸入するという形でした。

下火だった喫茶店文化も見直されるきっかけになり、手で淹れるコーヒーが再度

注目を集めることとなります。

 

そしてコーヒースタンドのような気軽にハンドドリップコーヒーが飲める、

今まであまりなかった形態のお店も増えていき今に至ります。

 

f:id:caafa:20200524192732j:image

 

缶コーヒーとインスタントコーヒーと日本の関わり

 

 

タイトル通りで缶コーヒーとインスタントコーヒー両方ともに日本(日本人)生まれの製品です。いかに日本人にとってコーヒーが根付いているのかが伺えます。

 

缶コーヒー

 

 

1965年発売のミラ・コーヒーという商品が世界初と言われ、その後あのUCCが缶コーヒー

を発売して一気に普及することとなりました。

 

インスタントコーヒー

 

 

アメリカ在住のカトウ・サトリという日本人研究者が真空乾燥による技術

作ったインスタントコーヒーを発表しました。

しかし、特許も取ったと言われていますが、商品化に失敗し、別の人が特許を取ったコーヒーが商品化されることとなります。

 

ちなみに本格的に大量生産を行ったのは、あの有名なネスレであります。

少し複雑な歴史があったんですね。

 

日本のコーヒー消費量は?

 

f:id:caafa:20200524192841j:image

 

日本のコーヒーの消費量は、比較が

ヨーロッパ諸国単独ではなくEUというくくりになっているので分かりづらいですが、

 

1位EU諸国

2位アメリ

3位ブラジル に次ぎ

 

世界第4位となり、一人当たりの消費量も4位となっています。

 

基本的に食事はお茶が合う日本において、コーヒーは不利なはずですが、

大健闘していると言うどころか完全にコーヒー文化が根付いていると言えるでしょう。

やはり喫茶店や缶コーヒー等、コーヒーを飲む手段が多いのも一因になっていそうです。

最近ではコンビニで簡単にドリップコーヒーが買えますしね。

 

日本のコーヒー栽培

 

f:id:caafa:20200524192942j:image

 

今まではコーヒーを輸入し消費する側の日本の話でした。

 

では日本自体はコーヒーを作っていないのか気になりませんか?

実は沖縄や小笠原諸島一部作っています。

 

とはいってもコーヒーに適した環境と言われるコーヒーベルトに、これらの南の島を持っても属していません

 

少しコーヒーベルトよりは北限に位置しますが気候が近いので、努力次第で美味しいコーヒーができるという感じかもしれません。中々流通するまでに至ってないのが残念です。

 

ただ、世界的に温暖化が進み日本も亜熱帯気候のようになると揶揄されているだけに

もしかしたら徐々にコーヒー栽培に適した環境に近づいているのかもしれません。

 

これからまた、新しいコーヒーの飲み方が提案され違った波が来るかもしれません

でも、これからもうまく順応しつつ今の日本のコーヒー文化が形成されていければいいなと思っています

 

 

今回もご覧いただき有難うございました。