かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

よく見る光景 コーヒーとタバコの組み合わせはどうなの?

 

コーヒーとタバコってよく見かけませんか?

 

喫煙者にとっては肩身の狭い世の中になりました。

そんな中でも、電子タバコの登場で以前ほど見なくなったとは言え、タバコと缶コーヒーの組み合わせる人はよく見かけます。

 

もはやコーヒーとタバコはセットと言わんばかりの組み合わせで、需要の落ちた缶コーヒーもこの組み合わせがあるから持っているのではないかと思うほどです。

 

吸い終わったタバコの吸い殻を、缶コーヒーを灰皿代わりにして捨てるというのは定番の光景です。

 

実際にコーヒーとタバコの組み合わせはいかがなのでしょうか?

 

f:id:caafa:20201026220756j:image

 

 

目次

 

コーヒーとタバコの組み合わせはどうなのか?

f:id:caafa:20201026220811j:image

 

昔から見る男くさいコーヒーとタバコの組み合わせが、正直女性のコーヒーへの参入(女性は男性と比べてもかなり紅茶や緑茶派が多い)に少なからず影響しているのではないか?と勝手に思っています。

偏見入ってるかもしれませんが・・・

 

 

コーヒーとタバコは合う

 

 

私自身はタバコを吸わないですが、やはり喫煙者にとってコーヒーはタバコの最良のお供?というべき飲み物のようです。

 

それはコーヒーの持つ苦みにあります。

コーヒーとタバコに合うのは、浅煎りのような酸味の強いコーヒーではなく、通常でも苦いと感じるようなコーヒーを好むようです。

 

それは人間の舌には味蕾(みらい)という組織があるのですが、タバコを吸うことにより機能が低下します。

味蕾(みらい)とは味覚を感じるために重要な役割持っていて、正常に機能しないことにより苦みを感じにくくなってしまうのです。

ですので、通常なら飲まないようなコーヒーでもタバコを吸うと飲んでしまう。

しかも、苦味のセンサーが鈍っているのでより強い苦味のコーヒーを好む傾向になってしまいます!

 

問題は、タバコの過剰摂取がコーヒーのカフェインの過剰摂取にもつながる恐れがあるということです。

普段それほど飲まないコーヒーも、タバコを吸う機会が多ければ多いほど一緒に欲してコーヒーを飲んでしまい、結果カフェインも取りすぎてしまうダブルで悪く効くということです。

 

 

口臭問題

 

 

そしてもう一つが言われなくても分かりますよね。

どちらも、口臭の原因になることです。

タバコには箱の成分表にもある通り、ニコチンとタールと言う成分が含まれています。この中のタールは口の中で歯や舌に付着することで、独特のヤニ臭を発生させるのです。

そして、ニコチンに関しても口の中の唾液を奪い枯れさせることから口臭の原因を悪化させているといわれています。

 

またコーヒーが何故、口の匂いの原因になるのかと言うと、こちらもカフェインが口の中の唾液を奪うことからの臭いを増幅させているのです。

このダブルパンチで、口臭がひどくなる原因を作ってしまいます。

 

正直、面と向かって話したくなくなる臭いですよね。

非喫煙者にしか分からないものかもしれません。

 

まとめ

 

f:id:caafa:20201026220829j:image

 

ありふれた言葉ですが、なんでもほどほどにということですね。

タバコを吸わないものとしては偉そうなことは言えませんし、タバコを否定するわけではありませんが、タバコとコーヒーの組み合わせで得られるストレス発散や緊張緩和はその時だけの産物であり、後で弊害を招くという事も考えたいものです。

 

そしてよりコーヒーを美味しさを知るためにも、タバコとは別々に味わいたいものですね。

 

今回もご覧いただき有難うございました。

 

 

www.coffee-waves.com

 

 

www.coffee-waves.com

 

 

www.coffee-waves.com