かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

コーヒーノキの三大品種とは? アラビカ・ロブスタ・リベリカ

 こんにちは かーふぁです。

 

普段、飲んでいるコーヒーの品種は分かりますか?

 

今回はコーヒの木の種類について

詳しく記事を書きたいと思います。

f:id:caafa:20200609213617j:image

 

目次

 

 

コーヒーの木の種類

 

コーヒーの木の種類には3種類ありますが、市場に出回り一般に触れることが出来るのは、実質2種類になります。

基本はこれだけなので、以下に説明します。

 

アラビカ種

f:id:caafa:20200609213014j:image

 

普段、ドリップコーヒーなど手で淹れたモノや

市販で売られている豆はこのアラビカ種になります。

 

豆の生産量も全体の3分の2はアラビカ種です。

一般的に美味しいと言われるコーヒーはアラビカ種でスペシャリティーコーヒーも、このアラビカ種になります。

 

この豆の欠点は、私ら消費者ではなく、農園主にとって大変な影響を与えます。

美味しい豆の試練でしょうか。

 

非常に病気に弱くデリケートで育つ環境も標高の高い地域と場所を選びます。

その標高は1500〜2000mとなり、コーヒーベルトと呼ばれる地域の中でも高い山々のある環境の国でしか、育つのが難しいことになります。

 

香味・酸味・苦味と三拍子揃うのが、このアラビカ種の良さです。

 

また、アラビカ種の中にも多くの豆の種類があります。

これに産地による異なった環境が加わる事で、バラエティ豊かな味の違いを生み出しているのです。

 

このように普段親しまれるコーヒー文化を支えているのは、このアラビカ種と言っていいでしょう。

 

 

 

 

ロブスタ種

f:id:caafa:20200513202804j:image

別名をカネフォラ種とも言います。

 

このコーヒー豆の世界での生産量は全体の3分の1を占めています。

 

病虫害に強いので、あまりアラビカ種のように手間が掛からず生産者にとって育てるのに優しい豆と言えます。

ただ、味は強い苦味とコクが主張し、カフェイン含有量もアラビカ種のなんと2倍になります。

ですので、手で淹れるコーヒーにはあまり適しません。

 

では、何に使われているかと言うと、インスタントコーヒーや缶コーヒー、そしてリキュールコーヒー(カルーアミルク等のカクテルに使われる)として使われます。

このように加工が加わらないと通常で飲むのは難しいと言えますね。

 

産地としてはアジアや西アフリカが主な生産地になります。

コーヒーノキにかかるサビ病などでアラビカ種の栽培が被害を受けた後、育てる事も多い様です。

 

ただ、例えばベトナムでは世界第2位のコーヒー豆輸出量を誇りますが、ほとんどがロブスタなので

国のブランドとしての豆のイメージがどうしても弱くなっています。

 

このようにロブスタ種を中心に生産している国はアラビカ種のような、豆のブランドとして名を馳せるのは難しいかも知れません。

 

しかし、このロブスタ種が缶コーヒー等のように気軽にコーヒーを買って飲める環境を作っていると言えます。

 

リベリカ種

 

アフリカにあるリベリアという国を原産とする豆の品種です。生産国はごくわずかで、生産量自体も非常に少なくなっています。

おそらく日本ではなかなか飲むチャンスはないでしょう。

そんな希少品種にはなりますが味としては香味に欠けて、苦味が主張するという事で決して美味しい豆ではなさそうです…

 

このようにコーヒーノキ三大品種でした。

 

加えて、アラビカ種にはいろんな、品種があり多種多様の味を生み出しています。

また、別の記事として書こうと思っています。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。