かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

木製コーヒースプーン(メジャー) シュガーランド

 

久しぶりにコーヒー器具関連購入しました。

 

器具と言っても、コーヒーメジャースプーンなので小物ですね。

 

f:id:caafa:20200927193303j:image

 

 

 

目次

 

シュガーランド コーヒースプーン

 

 

購入場所はロフトです。

はじめメーカーがどこなのか分かりませんでした。

店頭でも、具体的なメーカーは書いておらず、コーヒースプーンと値段の表示だけです。

 

 

デザイン的に気に入ったのと、木製スプーンが欲しかったのでパッと手に取った感じです。

悪いクセですね。後で後悔しなければいいのですが・・・

 

唯一バーコードのシールには、コーヒータイムと書かれています。

 


f:id:caafa:20200927192528j:image

f:id:caafa:20200927192532j:image



 

これを頼りに検索すると、まずはネットショッピングサイトでヒットしました。

逸品社(Ippinsha)というブランドの中のSugar land  コーヒータイム?

というラインのようです。

 

 

 

他にもシリーズとして写真上では、フォークやアイススプーンなどがラインナップされています。

 

商品のラッピングがシンプルすぎて分かりませんでしたが、ブランド判明です!

 

ところで、隣にはプラスチック製のスプーンがありました。

ハリオのドリッパーを買ったときに付属として付いてくるスプーンなのですが、100円で売られていました。参考までに・・

 

 

1杯何グラム?

 

試しに計ってみます。

通常のコーヒーメジャースプーンは8g~12gのものが一般的です。

この量はメーカーが推進するコーヒー一杯分に使う豆の量になります。

 

今回は見る限りあまり豆をすくうことはできなさそうですね。

f:id:caafa:20200927192554j:image

 

それでは実測です。

 


f:id:caafa:20200927192656j:image

f:id:caafa:20200927192616j:image



まずは、スプーンすりきり一杯分で計ります。

なんと、4.2g!

コーヒー1杯10gと考えると半分にも満たないです。

 

では、次にすくえるだけの量で計ります。

 


f:id:caafa:20200927192715j:image

f:id:caafa:20200927192731j:image



こちらで、ようやく6.4gまで計ることが出来ました。

 

ということは、5g用みたいです。

と思って、もう一度ショッピングサイトをよく見ると5g用と10g用があるみたいです。

 

「出来れば10g用が欲しかった!・・・売ってなかったけど」

 

利点

  

  • プラスチック製のものより見栄えする
  • スプーン底が分厚くなっているので、安定して自立する
  • 使うほどに木のぬくもりや味わいが出てくる

 

 欠点

 

  • 1度ですくえる量は少ない
  • 容器の下に残ったコーヒー豆はすくいあげにくい
  • よく乾燥させないと木製なので黒ずみやカビがいく

 

ざっと、使い始めてからまだ日が浅いですが、上記のような特徴になります。

 

1度ですくうことが出来る量は少ないですが、2回すくえば良い話ですし。

大した手間にもならないので、個人的にはあまり気になりません。

逆に言えば微調整はしやすいかも・・

 

今回もご覧いただき有難うございました。

 

 

caafalife.hatenablog.com