かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

正直邪魔だけど除湿剤をたくさん置いている話

 

私の家の悩み・・・それは湿気です。

 

 

とにかくカビになりやすいことです!

 

 

 

皆さんの家では湿気対策はどのようなことをしているでしょうか?

 

私の家では、ドライペットという除湿剤を使っています。

このドライペットは、正直言えば置きたくない、そんな商品です。

なぜかというと床に置かなければならなくなり邪魔だからです!

 

床に置くのって小さなものでも、すごく生活スペースを圧迫しますよね。

 

それでも、湿気対策としてこのドライペットは季節問わず重宝しています。

 

 

目次

 

 

家の湿気対策が大変

 

 

カビやすい原因

 

 

まずは、家の構造が木造ということです。

 

木造も鉄筋コンクリート製の部屋も、湿気はたまりやすいのは一緒ですが、木造の我が家は特にカビが繁殖しやすいという欠点があります。

そして台所や洗面台付近は窓がなく喚起が悪い事、これは集合住宅では割と普通かもしれません。

それに加えて、キッチンコンロの換気口が旧式で風邪の流れが悪いという事もあります。

 

 

いくつか対策はしている

 

f:id:caafa:20201021222535j:image

 

窓を開けるなり喚起は大事ですよね

 

定期的にベランダと玄関のドアを開けて空気の通り道を作るという行為。

正直、気持ちの問題かな?と思うのですが、しないよりマシ程度に考えて実践しています。

 

そして、シンク用のふきんを置いています。

シンクってあまり直接、水気を拭かないと思うのですが、気づいたらカビっぽくなるので食器を洗った後はなるべく拭きとるようにしました。

 

 

冬にも除湿が必要

f:id:caafa:20201021222447j:image

 

 

梅雨や秋の時期に比べると、断然乾燥しやすいのが冬ですが、冬でも除湿が重要です。

そう、これからこそ必要なんです。

それは、ベランダや窓に付く結露です。

冬になると暖房をつけるので外気との温度差により、結露が発生しやすくなります。

これが湿気の原因となることは、もはやご存知の通りです。

私もベランダ窓の結露を拭かずにいることで何度もカビを発生させてしまい、カーテンにまで及んだこともあります。

(最終的にはカビ汚れは洗っても落ち切らず捨てる羽目に・・・)

 

 

除湿剤(ドライペット)を置いている場所

 

f:id:caafa:20201021221917j:image

 

このドライペットは私の家では5か所に設置しています。

 

  • 洗濯機のそば
  • トイレ
  • 洗濯干しの下
  • キッチン
  • クローゼット

 

この5か所です。

 

いずれも共通点は湿度の高い場所。

本来は、密閉空間中心に置くものだと思うのですが、私の家では間に合わず普通に部屋にも置いています。

特に洗濯の物干しの下は、直接湿気を吸収するような場所です。

 

これがあるのとないのとでは、かなり変わってきます。

なければ、あっという間に黒カビが床にこびり付くことに・・・

 

このドライペットはドラッグストアにいけば、ほぼ当たり前のように売っているので

簡単に購入できますし、すでにご存じの方も多いと思います。

でも、このタイプの除湿剤は案外ないものでドライペットが最も足るものだと思います。

 

 

 

 

 

私は詰め替えタイプを使用、四角形の箱型の使い捨てタイプのものもありますが、長く使うなら断然詰め替えタイプが利用しやすいです!

 

袋に入った除湿剤が水分を含んでいき、季節にもよりますが大体1か月弱で水のように溶けて膨らみます。

 

おそらく、日用品としてはかなり購入頻度の高い商品で、洗剤等より多いのでは?と思います。

 

もはや床に置くのは邪魔だけど、なくてはならない除湿剤です。

 

こうやって、除湿効果が目に見えてわかるのはなぜか嬉しいものです。

 

今回もご覧いただき有難うございました。

 

 

www.coffee-waves.com

 

 

www.coffee-waves.com