かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

コーヒー ドリップバッグのあれこれ

 

皆さんはどのような形でコーヒーを飲まれるでしょうか?

ドリップのようなコーヒーを味わいたいのでしたら、ドリップバッグなるものも有ります。

 

 

目次

 

コーヒードリップバッグのあれこれ

f:id:caafa:20201007220724j:image

 

 

コーヒードリップバッグとは?

 

 

折りたたみの紙のフィルターの中にコーヒー粉が入っているもので、簡単にドリップコーヒーを淹れることができます。

 

通常はドリップバッグ1包は1杯分(約150ml)のコーヒーです。

丁度フック部分がコーヒーカップの淵にひっかけるように出来ています。

 

ドリップバッグの利点

 

 

 

実際にコーヒー豆から挽いたコーヒーに新鮮さでは負けますが、少なくともインスタントコーヒーや缶コーヒーより質の高いコーヒーを飲むことができます。

挽いた豆をフィルター内に閉じ込めて密閉状態にしているので、空気に触れることによる酸化速度を遅らせて、美味しいコーヒーの鮮度を保ちます。

 

また、ハンドドリップ時に必要なコーヒードリッパーやペーパーフィルター等の抽出器具は必要ありません。

あえて言えばドリップポットがあれば淹れやすいですが、通常の電気ケトルでも問題ありません。

カップさえあれば淹れることができますのでお手軽です。

 

有名なコーヒー店のドリップバッグもあり、そのお店に近い味のコーヒーを身近に家でも味わうことができます。

 

ドリップバッグの淹れ方

 

 

お手軽ではありますが、美味しく淹れようと思うならただお湯を注ぐだけではやっぱりだめです!

 

基本的には実際のハンドドリップと同じような手順でコーヒーを淹れていきます。

 

用紙するもの

 

  • コーヒーカップ(マグカップ)
  • ケトル
  • 温度計

 

抽出する際のお湯の温度ですが、高いほど苦味が引き立ち低いほど酸味がひきたつようになっています。

 

通常は豆の焙煎度合によっても使い分けたいところですが、おおよそ90℃前後で。

 ソース画像を表示

引用元:楽天より

 

まずは、ドリップバッグをカップにセットする。

           ⇓

お湯を注いで蒸らし時間を作ります。

通常は30秒ですが、メーカーによっては10秒ほどでOKのものもあります。

           ⇓

蒸らしが終わるとお湯を数回に分けて少しずつ注いでいきます。

おおよそ2~4回くらいです。

           ⇓

出来上がり

カップに粉と一緒にフィルターが浸っていますが、こういうものです!

 

 

自作ドリップバッグ

 

 

実は自分でドリップバッグの内容を作れるキットが売られています!

 

もし職場や出先でもドリップバッグで美味しいコーヒーを飲みたい方はお湯があればOKです。

 

インスタントコーヒーを持ち込む必要もなく、コンビニでドリップコーヒーや缶コーヒーを買いに行かなくても簡単に美味しいコーヒーを飲めるようになります。

自宅の自分の好きなコーヒーの味を持ち込めますよ。

 

といっても、一つ必要なものがあります。

それはシーラーです。

空のドリップバッグに入れたコーヒー粉を閉じ込めなければいけません

正直、普通の家庭にそこまで普及しているものでもないかもしれませんが、値段は1.000円くらいから買えるのでそれほど値段は高くありません。

 

富士インパルス 富士インパルス ポリシーラー P-200

写真引用:amazonより

 

ひと手間かかりますが、家で飲んでいる自分の好きなコーヒーを家庭外でも飲みたいときには、アリな方法ですよね。

 

今回もご覧いただき有難うございました。

 

 

caafalife.hatenablog.com