かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

【HAMAYA】ハマヤ コーヒー スーパーマンデリンの味は?

 

 

久しぶりにコーヒー豆のレビューをしていきたいと思います。

購入先はHAMAYAと呼ばれるコーヒー販売店、豆の種類はスーパーマンデリンです。

 

 

目次

 

HAMAYAハマヤ スーパーマンデリン感想 

 

HAMAYAとは?

 

f:id:caafa:20201003155232j:image

 

HAMAYA(ハマヤ)は関西を中心に展開しているコーヒーチェーンです。

路面店ではなく、主に百貨店のいわゆるデパ地下でよく見かけることがあります。

百貨店に店舗を構えていることからも分かる通り、少し高級路線といえますね。

 

気になる店舗は関西に圧倒的に多いのですが、一部関東や中国・四国地方にも店舗を構えています。

 

コーヒー豆のテイクアウトはもちろんですが、店舗内には備え付けの飲食スペースがあるので、そちらで実際に飲むことができるのも特徴です。

 

ちなみに、こちらも関西中心に展開しているシアトル系コーヒーチェーンのシアトルズベストコーヒーも同じ系列に入るようですね。

 


f:id:caafa:20201003154744j:image

f:id:caafa:20201003154739j:image

 

写真の通り、コーヒー豆で購入時は初めから真空パックにしてくれます。

コーヒー豆の賞味期限を考えても、うれしい配慮です!

 

スーパーマンデリンとは?

 

今回いただくのは、スーパーマンデリンです。

焙煎度合は中深煎りです。

 

マンデリンといえば、インドネシアを代表するコーヒー豆のブランドです。

インドネシア産のコーヒーというより、マンデリンという名前の方が知名度があるのではないでしょうか?

 

インドネシアと言えば世界屈指のコーヒー豆生産量を誇る国で、多くの島々でコーヒーは栽培されていますが、その中でもマンデリンはスマトラ島で作られています。

といっても、スマトラ島はインドネシアの中でも一番大きな島ですが、マンデリンは国全体のコーヒー生産量の5%に過ぎない希少品種なんです。

その中でも、スーパーマンデリンは豆に含まれる欠点豆が少ない上位ロットになります。

 

コーヒー銘柄の中でも有名な銘柄なのですが、「なぜマンデリンと呼ぶの?」と思われる方もいると思います。

普通、コーヒー豆の名前といえば国名だったり、山や産地の名前が多く使われるのですが、このマンデリンはインドネシアの部族マンデリン族がコーヒー栽培を始めたことからついたという珍しい名前です。

 

一般的にマンデリンの味は酸味は少なく、強い独特な苦味と芳香な香りという特徴があります。

その特性を生かすために、焙煎度合も中深煎りから深煎りにされることが多いです。

 

その強い特性からも、好みの分かれる味とも言えますが、好きな人はどハマりするような人気のコーヒー豆でもあります。

 

 

スーパーマンデリンの味は?

 

f:id:caafa:20201003154703j:image

 袋の中身。少しカケた豆も目立ちますが、総じてきれいに焙煎されています。

 

HAMAYAでは1杯あたり140mlで豆の使用量を10g~14gを目安にしていますので、

これを参考に今回淹れてみます。

 

使用するドリッパーはコーノ式ドリッパーです。

 

少し古い豆なのかもしれませんが、香りはよく出ています。

 

味の方も、しっかりとした重厚な苦味とその中に甘味も感じられて非常にコーヒーらしい豊かな味を感じますね。

 

やっぱりこれからの寒くなる季節飲みたくなる味です!

 

まとめ

 

f:id:caafa:20201003155258j:image

 

 

マンデリンらしいコクと苦味を感じられる味でした!

これなら、ケーキ等と一緒に合わせるのもいいなと思います。

 

今回もご覧いただき有難うございました。

 

 

caafalife.hatenablog.com

 

 

caafalife.hatenablog.com