かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

イタリアのコーヒー文化 独自の発達

 

私たち日本ではコーヒーと言えば、まずドリップコーヒーを思い浮かべます。

そのドリップコーヒーはヨーロッパ生まれですが日本で発展し、アメリカのブルーボトルコーヒーにも影響を与えるほどで、もはやコーヒーは西洋の文化とも言えないくらいです。 

 

そんなコーヒーの文化の発展はもちろん日本だけではありません。

植民地時代にコーヒーの苗を持ち込み奨励していたヨーロッパの国々は、やはりコーヒー文化の発祥の地だと言えます。

 

世界中で愛飲されているコーヒーは、国による文化の違いもあり独自の進化があるものですが、その中でもイタリアのコーヒー文化の発展は独特なものがあります。

 

 

目次

 

イタリアのコーヒー文化は独特

 

 

f:id:caafa:20200830150325j:image

 

スターバックスコーヒーのイタリア初出店は2018年

 

 

以前、スターバックスコーヒーがイタリアのミラノにスタバリザーブロースタリーをオープンしたことがニュースになり話題になっていたことがあります。

日本でしたら東京・銀座に出来た時に、こちらもやはり話題になっていました。

 

ニュースの中では、何でもスターバックスコーヒーにとってイタリアにロースタリーを出すことは挑戦なのだとか!?

スターバックスコーヒーのイタリア第一号店が2018年のミラノです。

 

ポイントは、この一号店というのはスタバリザーブロースタリーとしての一号店ではなく、スタバとしてイタリア1号店というところ!

今までスタバは全くイタリアの地で根付いてなかったんです。そんなこともあり日本でもニュースになるほど話題性がありました。

そう考えるとミラノというイタリアの中でも世界的な観光地で、しかもいきなり大規模店舗のスタバリザーブロースタリーを出すことで、逆にイタリアでスタバが受け入れられなかった時の保険をかけた気もしてきました。(笑)

 

一見してみればイタリアの町にロースタリーって町の作りからしても違和感なく、むしろ似合っていそうですが・・・

 

そんなロースタリーのオープン初日には安心の店の前に長蛇の列が出来ている姿がありました。

しかし、インタビューをしているとその長蛇の列を作っているのは、地元イタリア人ではなくほとんど海外の人なのだとか・・・

 

それもそのはずで、イタリアでコーヒーといえばストレートコーヒーを指すのではなく

エスプレッソであり、コーヒーを飲む場所はバールだからです。

 

そんなエスプレッソやアレンジメニューのカフェラテは一見アメリカのイメージもありますがイタリアが発祥の飲み物!

そもそも、スタバはもともとカフェラテを中心としたシアトル系コーヒーチェーンです。

 

いわば、イタリアにとってスターバックスの出店は逆輸入的な意味になります。

日本で言えば、お寿司のカリフォルニアロールがアメリカから来るようなものでしょうか!?

 

コーヒーチェーン店より個人経営のバール

f:id:caafa:20200830150232j:image

最近の日本では、チェーン店が主流で親会社の体力があるほど店舗拡大する形が普通になりました。

いきなり無名の外食チェーンが多額投資で数年で店舗数100店達成とかもある話です。

個人事業主には厳しい時代です。

 

しかし、そんな同じ資本主義経済のイタリアのお店の図式は今でもチェーン店よりも個人主によるお店が多く、その中にはコーヒーを提供する場所であるバールも含まれます。

バールは、カフェのようにテーブルを囲んで椅子に座ってゆっくりまったりするスタイルではありません。

その場で出されたエスプレッソを立ち飲みですぐに食事して出るスタイル。

 

町には立ち飲みができるバールがたくさんあり、そこに立ち寄っては一杯のエスプレッソを引っかけるように立ち飲みして、すぐに出かけるというのが文化のようになっているんです。

朝はカプチーノかマキアートを飲み、食後はエスプレッソが口直しのようになっています。

 

イタリアと言えば、昼休憩がやたらと長いイメージですが、朝のカフェタイムはせっかちにも見えます。(とはいえ日本のサラリーマンなら店に立ち寄る暇もないでしょうから、まだ時間にゆとりがあると言えるのかも・・・)

 

ドリップコーヒー等と違って、エスプレッソ1杯は通常30mlほどの量ですから、逆に長居する方が難しいですね。

 

このようなイタリアのコーヒーを飲むスタイルが、私達のイメージするコーヒー=カフェタイムとはまた違った様相でもあります。

 

イタリアでコーヒーと言えば?

f:id:caafa:20200830150214j:image

 

イタリアでコーヒーといえば、それはそのままエスプレッソのことを指します。

ドリップコーヒーやサイフォン等で淹れる、一般的なストレートコーヒーと言われるものは単純に普及していないようです。

 

日本の家庭にあるようなドリップコーヒーを淹れる道具は、イタリアでいえばエスプレッソを抽出するマキネッタという道具にあたります。

むしろ、日本より家で作ることも一般的なようです。

 

それだけエスプレッソの国なんです。

イタリアに行くと、ドリップコーヒーを飲みたくてもエスプレッソしかない!ということになりそうです。

 

 

 

 

エスプレッソ

 

f:id:caafa:20200830150247j:image

 

エスプレッソ自体がイタリア生まれであり、本場なんです。

名前の由来は短時間で抽出するということで、英語の急行「expressエクスプレスから来ていると言われています。

 

 

エスプレッソの味はコーヒーの旨味を凝縮された飲み物ですが、非常に苦いのが特徴です。

そんな苦みのある味を生み出すのはコーヒー豆の焙煎度合です。

名前もイタリアンローストと呼ばれるエスプレッソに使うためとも言える、一番深く焙煎した豆を使い引くときも微粉と言えるほどの超極細挽きにして抽出します。

 

抽出方法は主に直火式のマキネッタか、電気式のエスプレッソマシンになります。

最近はネスプレッソ社などから発売されているカプセル式のコーヒーマシンでも簡単に淹れることができます。

 

日本でも普通にカフェに行けばメニューとしてありますが、まだ好んで飲む方は少ないのではないでしょうか。

いつか流行る時代が来るかもしれませんが、日本人にこの苦味・・難しい気がします。

 

「エスプレッソはカフェラテやカプチーノを淹れる時のコーヒーの作り方」という認識が強いように思います。

 

しかし、イタリアでは朝からエスプレッソを飲みます。

 

それぐらいエスプレッソがイタリアにとってのコーヒーの主流な飲み方です。

 

このエスプレッソを中心にコーヒーが広がり他のメニューにも影響を与えます。

 

スタバのメニューでもよく目にするアフォガードというメニューも、イタリアが発祥です。

もともとは、冷たいジェラートに熱いエスプレッソをかけて食べるデザートの一つ。

そこから紅茶等にもかけるようになりました。

 

他にも、定番のカフェラテやカプチーノ・カフェマキアートもイタリアを代表するアレンジコーヒーの一つです。

 

普段お店で見かけるアレンジメニューの数々はエスプレッソを使用して作るモノが多く、イタリア生まれのモノなんです。

エスプレッソのアレンジメニュー=イタリアという図式も出来る気がします。

 

そう考えるとイタリアのコーヒー文化の発展がなければ、今のカフェやシアトル系コーヒーに代表されるメニューも生まれなかったかもしれませんね。

 

今回もご覧いただき有難うございました。

 

 

caafalife.hatenablog.com

 

 

caafalife.hatenablog.com

 

 

caafalife.hatenablog.com