かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

【断捨離】床にマット類は敷かない 【フローリングの生活】

 

こんにちは かーふぁです。

 

マット類がなくても、何も問題ないのでは?

あって当たり前のモノのような気になっていませんか? 

f:id:caafa:20200605225027j:image

 

私は玄関マット・トイレマット・部屋の中央に置いていたラグ、これらは全て処分しました。

ですので床に敷く物はバスマットのみの生活です。

バスマットも珪藻土マットに変更したので、使った後は立て掛ける状態です。洗う必要はありません。

 

最初は、何もないフローリングは殺風景に見えてしまうかも知れません。

でも結局見慣れてきます。

 

お客さんを呼んでも、こういう家なんだと案外気にしない物ですよ。

むしろ男性なら何も気付かないかも知れません。

 

簡単にメリットとデメリットをまとめました。

 

目次

 

 

 

 

 

メリット

 

 

掃除がやりやすくなる

 

f:id:caafa:20200605224940j:image

 

やっぱり、掃除をする際は楽になります。

掃除をする時って、マット類はただのフローリングに置いたモノと化してしまうと思います。

 

掃除機をかける際は退けないと無理矢理、吸引してしまい、あのイヤーな音を聞くことになります。

掃除の動線を一気に狭めてしまうのです。

 

マットがなければ、掃除のヘッドの切り替えも要らないし、ロボット掃除機の邪魔にもならないです。

 

洗濯の必要がない

 

f:id:caafa:20200605225043j:image

 

私はマット類は普段の掃除ではコロコロを使ってました。

それでもモノがモノなので、定期的に洗濯が必要になります。

 

カーペットやラグ類なら素材によっては手洗いも出来ないでしょう。

洗うとしても、お風呂場などですることとなり大掛かりになります。

 

もし最初から使ってなければ、その手間は単純に省けます。

この違いって大きいです。

 

 

清潔に保てる

 

 

掃除も洗濯もいらないだけでなく、日常から清潔に出来ます。

リビングのラグやカーペットのダニやカビの

温床を防ぐことが出来ます。

フローリングと接している分だけ、空気の通りが悪くなり、たまにめくって見ると黒ずんでいる。そんな事が起きて衛生的ではありません。

 

また、一度ラグやカーペットに飲食物をこぼしても、すぐに洗えないのが汚れを悪化させシミにもなります。

 

最初から使わなければ、そのような心配も気にすることはありません。

 

 

デメリット (でも解決できます)

 

 

デメリットもあります。

フローリングのみは、冬場は底冷えで足下が寒くなります。

 

やっぱり、ラグやカーペットの温もりがないので、脚は冷たいと思います。

 

しかし最近は室内用スリッパやルームシューズもバラエティが増えて気軽に買えるモノになったので、これらを使えば寒さは防げるでしょう。

 

まとめ

 

これは、一つの考えであって、マット類は、もちろんご家庭にあればインテリアと合わせ雰囲気を変えてくれます。

 

しかし、より部屋を清潔にモノを少なくしようと考えた場合は、やっぱりマット類のない生活の方が快適なのは間違いないです。

 

今回もご覧いただき有難うございました。