かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

【モバコ】を使ってマクドナルドのコーヒーを買ってみた

 

さっそくですが、モバコって分かりますか?

マクドナルドのcmで木村拓哉さんが言ってるやつです!

これを聞くと「あー、なんか言ってるね」ってなるかと思います。笑

 

モバイルオーダーでコーヒーを簡単に買えちゃうというシステムで略して「モバコ!」らしいです。

 

これ、コーヒー購入だけ別扱いみたいに宣伝されていますけど、ただ単にモバイルオーダーでコーヒーを買うだけ!?

実は他のマクドナルドメニューもモバイルオーダーで買えますので、コーヒーを別に切り取って宣伝しているだけなんですよ。

 

ですが、ちょっと興味があったので試しにモバコを使い買ってみることにしました。

 

 

目次

 

 

マクドナルドのプレミアムローストコーヒー

f:id:caafa:20201029235632j:image

 

マクドナルドのコーヒーって有名だけど、最近コンビニのコーヒーもあるし家でコーヒーを作るようになってから、全く飲んでないやと思い少々懐かしい気分でもあります。

 

モバイルオーダーの普及

 

並ばずに待たずに店頭で受け取るだけ

・並ぶことによる密を避けることが出来る 

 

このご時世もあって、「並んで買うのを極力避けたい!!」という事を店側も客側も思っていることかと思います。

最近で言えばマクドナルドは自前のバイクも用意してデリバリーも始めましたし、都市部ならウーバーイーツでも購入できます。(もちろん全店舗が対象ではありません)

さすがに、別途配送料を考えてもウーバーイーツでマクドナルドは勿体ない!と思ってしまいますが、それでも家まで持ってきてくれるのって本当に有り難いですよね。

昼時はどこの店舗も混んでいて並びますからお手軽度では群を抜きます。

 

そしてもう一つ始まったのが、モバイルオーダーです。

先にスマホで注文して支払いも済ませて置き、後で商品を取りに行くというシステムです。

そして店舗で受け取る直前に、「取りに来ました!」ってマクドナルド側に通知を入れると底から作り始めて、商品受け取りカウンターで並ばずに受け取れてしまうという便利さがモバイルオーダーの魅力です!

その中でも、別でコーヒーを宣伝したものが今回買ってみたモバコと呼ばれるものです。

もちろん、コーヒーと一緒に他のバーガーメニューの注文やセットでコーヒーを付けるという形も可能になっています。

 

 


 

モバコでコーヒーの購入の仕方

 

マクドナルドの公式アプリ画面(iOS)

 

1. まずは、メニュー画面のドリンク一覧よりプレミアムローストコーヒーを選択

f:id:caafa:20201024190752j:image

 

 

2. 受け取り方法と店舗の確認をして選びます。

  ちなみに今回はテイクアウトで購入しました。

  (注意点としては、ドライブスルーでの受け取りには対応してないことです)

f:id:caafa:20201024191216j:image

 

3. 注文確認画面にて、支払い方法を選択します。

  初めてのクレジットカード払いの時は、カード情報の登録が別途必要です。

  決定したら注文を確認するを選択します。

 

f:id:caafa:20201024191511j:image

 

4. 店舗近くに到着すると、以下の受け取りに進むをクリックします。

    すると店舗での調理が始まるようです。

 

f:id:caafa:20201024191904j:image

 

 

5 .注文完了して作り始めます。

  ちなみに今回はコーヒーのみでしたが、受け取りに進むをクリックしてから本当に1分足らずで受け取ることができましたよ!

 

 

f:id:caafa:20201024191724j:image

 

 

初期登録に少し時間を要しましたが、登録画面もよくあるタイプでシンプルで簡単でした。

 

受け取りはレジカウンターでの受け取りです。 

ドライブスルーに対応していないのは、単純に割り込んで商品を受け取れないからでしょうね。

 

f:id:caafa:20201029233650j:image

 

マクドナルドのコーヒーの内容

 

www.mcdonalds.co.jp

 

サイズ

S     100円

M     150円

 

値段はもうこの価格じゃないと買わないぞ!!というくらい定番になりました。

お買い得さは以前から変わっておりません。

 

気になる味のほうは、やっぱり少しずつリニューアルを繰り返しているようです。

 

ブレンドは5種類!(ブラジル・コロンビア・ペルー・グァテマラ・ニカラグア)

市販でも5種類のブレンドはなかなかありませんし、難しい配合だと思います。

ただ産地としてはいずれも中南米のコーヒー豆を使用してますので、特徴は似ているかもしれませんね。

ブラジルとコロンビアの豆はもはやブレンドの定番!アクセントがペルーの豆とニカラグアの豆のようです。

 

ちなみにコーヒーは、あのキーコーヒーさんが手掛けているようです。

こういったコーヒー大手メーカーとの商品開発も美味しいコーヒーづくりには、今や当たり前のようになりつつあります。

 

コーヒーだけ見ると、ちょっと贅沢なコーヒー気分です。

 

  

マクドナルドのコーヒーの味は?


f:id:caafa:20201029233838j:image

f:id:caafa:20201029233843j:image

リッドはよく見る古いタイプですね

 さーて久しぶりに飲むマクドナルドのコーヒーですが、果たして!?

 

「薄い!」

特に後味!! あれ、こんなに薄かったっけ!?

 

苦味   ★★☆☆☆

甘味   ★☆☆☆☆

酸味   ★☆☆☆☆

コク   ★★☆☆☆

 

良い意味で、後味すっきりで飲みやすい。

悪い意味で、飲んだ後のコーヒーの余韻がほとんど感じられないです。

 

ちょっと言い方悪いですが、お湯飲んだ時のように感じます⤵

酸味・甘味・苦味のどれを取っても抑えた味でしたが、その中でも酸味は特に薄いかなと言う気がします。

これでブラックコーヒー飲めるってなったら、ちょっと勘違いするかも・・・

ブレンド5種なのに、なんか勿体ない感が出てしまいました。

 

まとめ

 

f:id:caafa:20201029233945j:image

 

一時はマクドナルドのコーヒーと言えば、この値段でこの美味しさ!と持てはやされたのがもはや懐かしいです。

 

今では、コンビニでも美味しいドリップコーヒーが同じ価格帯で購入できる時代になりました。

正直マクドのコーヒーでは、「もはや物足りないなー」って感じてしまいます。

 

ですが、これはコーヒー単体で飲むときの話です!!

 

マクドナルドのようなハンバーガー主体の濃くて脂っぽいメニューであれば、このコーヒーは十分に合っていると思います!

中華料理で言えば、ウーロン茶のような役割でしょうか?

口の中の油を洗い流して、すっきりさせてくれるコーヒーというイメージです。

 

ですのでコーヒーだけで飲むよりも、ぜひ食事と合わせたいコーヒーですね。

たとえ食後でなくても食中に一緒に飲めるコーヒーではないでしょうか?

マクドナルドのハンバーガーがあってこそのコーヒー。

でも、マクドナルドの宣伝は明らかにコーヒー単体でもどうぞ!という宣伝なので、ちょっと複雑ですね。

 

もちろん、そんなコーヒーだからこそ、とにかくあっさりしたコーヒーが好きな方にもおススメ出来ます。

マクドナルドの客層と言えば学生年代が非常に多い印象なので、このコーヒーがもしかしたらまだ見ぬブラックコーヒーの入り口になるかも?!という期待もあります!

 

 

ちなみにモバコによるプレミアムローストコーヒーの購入は、とてもスムーズでした。

本当に注文をクリック確定してから受け取るまでが早い。

どっちかと言うと、店側がすでに待ってました!と言わんばかりに商品が出てきましたよ。

それでも競争相手がコンビニと考えると、お手軽さでは若干分が悪いか?!

ファストフード同士だと、やはりマクドナルドと思わせるかもしれませんね。

 

しかしモバコを使ってみて、次はバーガーセットもモバイルオーダーを使って見たくなると感じたシステムですね。

すでに完成された感のあるモバイルオーダーですが、これからのさらなる改善にも期待したいです。

 

 

今回もご覧いただき有難うございました。

 

 

www.coffee-waves.com

 

 

www.coffee-waves.com