かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

キントー プアオーバーケトル 430ml 使った感想

 

 こんにちは かーふぁです。

 

今回は新しく購入したドリップケトルについて記事を書こうと思います。

 

 

 

目次

 

 

キントーのプアオーバーケトル 430ml

f:id:caafa:20200606185758j:image

 

 商品紹介

 

 

購入した決め手は黒のすっきりしたデザインと、1・2杯取り用のケトル

使ってみたかったことです。

 

最近、1.2杯分の容量のケトルって多いですよね。

しかもどれも、シンプルでおしゃれなのでコーヒー好きなら気になってしまいます。

 

その商品がこちらです。

 

f:id:caafa:20200606184946j:image

 

材質はステンレスなので、厚みは薄いですが、丈夫で安っぽさはありません。

容量は名前にある通り430mlです。

蓋がなくてじょうろの様にも見えますね。

 

実際に使ってみました。

 

 

実際、お湯を入れてドリップしてみました。

使ってて分かったのですが、入る容量が少ないのでお湯が冷める温度が早いです。

最初に入れた時点で、温度計はすでに92℃を切っていました。

狙ったお湯の温度に持っていくのに時間もかからず、すぐにドリップできる状態になるので時短になります。

 

お湯を注ぐのも特に問題ありません。

430mlなので、お湯を満タンに入れて一杯取りだと半分くらいの湯量が残ります。

 

 このドリップケトル小さい事もあって、手で握りしめて持つというよりは

指で軽く持つといった感じでしょうか?

でも無駄に力が入らないのと軽いので、最初の一投目で加減が分からず、ジョロジョロとした出方にはなりにくいです。

ですので、個人的には水の注ぐ太さは安定しやすいと思います。

 

 

 

ケトルを使ってみた感想

 

f:id:caafa:20200606185013j:image

 

1杯取りなら、この容量で十分ドリップ出来る事が分かりました。

普通のドリップケトルは湯量が少なく底にいくほど、ブレてドリップが安定しないイメージがありましたが、湯量が少なくてもしっかり注ぐことが出来ます。

 

また無駄に水も使わないですし、モノが小さいとお手軽感が増した気になります。

 

保管時も小さいので場所を取らず、デザインも良いのでそのまま見せる収納でも

良いでしょう。

 

 

使ってみて少し気になった部分

 

ただ初回使ってみて、欠点と少し思ったのが、持ち手部分もステンレス仕様になっていて、上部に触れると熱い事です。

あまりしっかり持つと火傷しそうですね。

 

もう一つは、自分が使っている温度計だと、ケトルが温度計の長さに対して小さい

ので、安定しないというところでしょうか。

f:id:caafa:20200606185210j:image

 

デザインもいいですが、あえて言うなら注ぎ口がもう少し鋭角でもよかったかなと

思います。

なので、見た目はカッコよさよりも可愛さを意識した作りなのかなと感じます。

 

色は黒とシルバーの2種類ですが、白色もあっていいかなと思いました。

 

思っていた以上に手軽で使い勝手がいいのでリピートして使うことになりそうですね。