かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

【片付け】家が散らかるのを予防【身につけると後が楽になります。】

 

 こんにちは かーふぁです。

 

普段の生活において物を片付けるという行為は家事として欠かせない事です。

片付けの時間はできる時にしないと後の方が、億劫になります

 

f:id:caafa:20200529221700j:image

 

では普段から散らかる事のない仕組みを作ってしまえばどうでしょうか

 

 目次

 

家が散らかる事から予防しよう

 

 

家に帰ってきてからの習慣をつける

 

 

疲れて仕事から帰って来た時や飲みに行って遅くに帰って来た時、そのまま玄関やソファーに鞄や上着を脱ぎ捨てて、ベッドにダイブ。

 

ここまでではなくても、幾つか思いあたる節があるのではないでしょうか?

家に帰っていきなりくつろぐことから始まるのが、部屋が散らかる原因になります

 

私は、帰ってから5分間はくつろがないように決めています。椅子やソファーには座りません。

そして着替えや上着の片付けを済ませて寝れる格好まで着替えてから、ゆっくり休むようにしています。

 

 帰ってきて、そのまま片づけずに置いた物が、元ある場所に勝手に戻るわけではありませんしね。

 

結局後から片付けなければいけないのです

 

そして後から片付けようとするから余計片付ける気が失せてしまうのです

これが部屋が片付かない原因の一つです。

 

まず帰ってからの5分の習慣を身に付けてみてはいかがでしょうか?

全て終わった後のリラックスタイムの方が気が休まるっていいですよね。

 

 

そのいらない物、景色化していませんか?

 

 

普段から家で暮らしていると、そこにあるのが普通になっている物があります

目に入っても、そこにあるのが当たり前過ぎて、ただの景色になっているのです

 

昔の私はキッチンのシンクに、食器かごから溢れた置き場のないコップを置いていました。

 

その場所は、本来まな板を置き食材を切るところ。。

しかしいざ、まな板を置き野菜を切ろうとした時も、コップを片付けてまな板を置けばいいものを、まな板を水場までずらして野菜を切るという面倒くさい事をしていたのです。

 

しかし、そこにコップがあるのが当たり前すぎて、もはや邪魔なものとも思わず、

無意識にコップを中心に他の物事を考えていたのです。

 

 なので、一度部屋の中央で部屋の隅々を時間をかけて眺めて見ましょう。これっていらないもの・ここにあるとおかしい物って気付く事が出来ます。

 

 

物の家を決める。

 

 

使うたびに、置く場所が変わる。元あった場所から、使った場所が物の置き場に変わる

 

私もよくありました。

例えばハサミなど頻繁に使う事がない物は、宅急便が来たら、大きい物は玄関で、小さな物はテーブルの上で開けるという使い方をしていました。

そして使ったら、使った場所の近くが置き場に変更されます。

 

元々置いていた場所はラックの小物入れのはずだったのにです。

 

そんな事をしてたら、次使う時はどこに置いたのかも覚えていません。

後の労力より今の労力です。

 

物の住所を決めて、少し手間になっても元の住所に戻す事が大事だと分かりました。

 

そうすれば次に使う時探す時間も省けますし、物をなくすようなこともなくなります

  

 

収納用品を増やさない

 

片付ける為に収納用品を増やす。百円ショップでも気軽に買えるため、つい増えてしまいがちです。

 

収納イコール整理という意味では決して間違ってませんが、その収納用具多すぎませんか

 

収納用品に入れる内容以上のオーバースペックの収納。

逆に何でもかんでも、収納用品に入れてしまい、物は増えてしまうし、

取りあえずで入れた物は、次に何処に片付けたかも忘れがちです。

 

冷蔵庫の様に大は小を兼ねるでは、逆に収納用品によって場所を取り部屋の空間としてすっきりしません

 

私も中に入れる量を考えずに、ある時収納BOXを複数購入しました。

そうすると、いざ片付けてみると一つの収納BOXには半分くらいしか埋まりません。

余白がたくさん残ってました。

それでも勿体無いからという理由で購入した分だけの収納BOXに細々と物を入れて、ずっと使っていました。

余計に場所を取りますよね。

 

ある時断捨離を決意して、収納用品を減らすことでBOXの中に入れていた衣類や小物をまとめることにしました。

 

いざ収納をまとめて、余った大小収納BOXの数を計算すると今まで使ってた15個中、7個で済みました。

 

もともと約半分の収納用品でまとめられたのに、今まで必要のないスペースを無駄に取る事となっていたのです。

 

自分で思っているほど、収納用品は必要ではありません。

片付けるために買った収納用品が、実は解決策になっていないのです。

 

その後は、減らした収納用品に入るだけの物で、それ以上のものを買い足さない流れを作るだけです。

 

たった4つですが、これらを意識するだけで家の中の片付ける時間の予防に繋がりますよ

 

今回もご覧いただき有難うございます。