かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

【スタバ】アイスティー(ブラックティー)を飲んだ感想 【すっきり】

 

 

スタバで紅茶ってあまり飲んでいる人いないかな?

 

スタバはカフェということもあって、一番人気なのはラテ系統であり続くのが毎回話題になるフラペチーノといったところでしょう。

 

でも、ティーメニューもちろんあります。

たまには、紅茶系等の飲み物も飲みたいなと思い頼んだのが、定番のアイスティーです。

 

今回飲んだのはアイスのブラックティーですが、おそらくスタバメニューの中でも地味な存在の一つと勝手に思っています。

 

飲んだ印象としては、

 

  • 「とてもすっきりしていて嫌な渋味を感じない」

 

  • 「食事と合わせても邪魔しない味」

 

といった感じです。

 

 

スタバのティー商品と言えば個人的に1番好きなのは、ゆずシトラスティーで、初めは期間限定の商品程度と思ってましたが、飲んでビックリの美味しさ!!

 

名前だけだと、スタバメニューの中でも1番期間限定っぽい商品ですが・・

 

今回はアイスティー(ブラックティー)を飲んだ感想です。

 

f:id:caafa:20200912170619j:image

 

 

 

目次

 

スタバのアイスティー(ブラックティー)の飲んだ感想

 

 

メニュー詳細

 

紅茶の伝統的な味わいと上品な香りが楽しめるティー

 

引用元:スターバックスコーヒーHP

 

 

ホームページの詳細はこれだけですが、それだけ王道の紅茶ということです。

もちろん、限定ではなく通常販売の商品です。

 

コーヒーやフラペチーノのイメージのスタバですが、実は紅茶にも力を入れています。

 

スタバではティー関連は、TEAVANA(ティバーナ)というブランドで展開されているのは、すでにご存知の通りかと思います。

ほうじ茶やゆずシトラス等の和の商品も含めて、このTEAVANA(ティバーナ)の一つとなっています。

 

もともとは、ティバーナというのはアメリカ発祥の紅茶専門店でした。

それをスターバックスが買収したことから始まります。

今ではスターバックス内のティーブランドですが、ティバーナ主体としてのお店が日本でも六本木にあるようです。

 

r.gnavi.co.jp

 

ブラックティーとは?

あまり聞きなれないかと思いますが、そもそもブラックティーというのは通常の紅茶のことを指します。

 

例えば、フレーバーティーと呼ばれるアールグレイやスタバメニューにもあるパッションティーのように香味付けされたモノがありますが、それらとは別物になります。

日本では、紅茶とフレーバーティーは紅茶のカテゴリとして一緒の扱いを受けることもありますが、紅茶の本場イギリスではブラックティーとは明確に普通の紅茶の事なんです

 

サイズと価格

 

サイズ 量ml 料金
shortショート 240ml ¥300
tallトール 350ml ¥340
grandeグランデ 470ml ¥380
ventiベンティ 590ml ¥420

 

(価格税抜き)

 

ちなみにカロリーはストレートティーになりますので0kcalです。

 

 

 

 

飲んだ感想

f:id:caafa:20200912175646j:image

 

紅茶の渋みはほとんど無くて、すっきりしています。

そして少しレモンを加えた?と思うようなほのかな酸味が漂います!

 

水色も悪くないですね!

 

単体で飲むのもアリですが、やっぱり「お菓子と一緒に合わせたいかな」と感じました。

 

もともとあっさりしているので、後半氷が溶けてくるとかなり物足りない味になったのは残念です⤵

 

しかしこの味なら、どんなお菓子と合わせても合うのではないでしょうか?

 

 

 

余談ですが、今日は自分の体調のせいもあるのか、紙ストローの臭いを凄い感じました。

いままて感じたことなくてアレ?!って感じです。

 

まとめ

f:id:caafa:20200912170642j:image

 

王道の紅茶といった感じです。

ですけど、渋味の抽出が少ないので誰でも飲める味ではないでしょうか?

このすっきりした後味がアイスティーの良さとも思ってるので、スタバでも美味しい紅茶が飲めると思います。

 

今回もご覧いただき有難うございました。

 

ほかのスタバメニューはこちら↓

 

caafalife.hatenablog.com

 

 

caafalife.hatenablog.com

 

 

www.coffee-waves.com