かーふぁライフ

コーヒーと時々紅茶のシンプルな生活

【スタバ】エスプレッソ アフォガート フラペチーノを飲んだ感想【定番メニュー】


 

今回はスタバのエスプレッソ アフォガートフラペチーノの感想です。

 

メニュー表に大きく写真があったので新商品?と思ってメニューを注文しましたが、昨年の今頃にもリリースされ人気商品ということです。

 

目に入らなかっただけで夏の定番商品といったところでしょうか?

 

味も普通に美味しいです!

 

でもエスプレッソには期待しないでください!

 

 

目次

 

f:id:caafa:20200809154521j:image

 

エスプレッソアフォガートフラペチーノの感想

 

 

商品紹介

 

f:id:caafa:20200809153404j:plain
f:id:caafa:20200809153432j:plain

 

 

 

 

エスプレッソ アフォガート フラペチーノ

   

甘すぎずほろ苦い、大人のためのフラペチーノ®

ひと口目に感じるエスプレッソは「リストレット」という方法で抽出した力強い香りと優しい苦味を、ふた口目は全体を混ぜて、こだわりのクリームから来るアフォガートのような味わいをお楽しみください。リフレッシュしたい時や、ほっとひと息つきたい時にも、何度でも飲みたくなるフラペチーノ®です。

 

引用元:https://product.starbucks.co.jp/beverage/frappuccino/4524785344143/?category=beverage%2Ffrappuccino

 

サイズ 量ml 料金
shortショート 240ml ¥530
tallトール 350ml ¥570
grandeグランデ 470ml ¥610
ventiベンティ 590ml ¥650

 (いずれも税抜き価格)

 

ちなみに説明内にある「リストレット」というエスプレッソの抽出方法とは、通常のエスプレッソと同じ豆の量を使用しますが、水量を約半分で抽出したエスプレッソを指します。

 

ですので、想像通り通常のエスプレッソよりも味や香りが濃くなり、珈琲豆のおいしいエキスのみを抽出するといっていいでしょう。

 

 

アフォガートとは?

 

 

アイスクリームにエスプレッソをかけたものです。

コーヒーや紅茶をかけたものもあります。

 

もともとアフォガートはイタリア発祥のデザートで、イタリア語でアフォガートは「溺れた」を意味するらしいです。

日本では絶対に単語にならないであろうネーミングですね!!

 

アイスの甘さとエスプレッソの苦さが合いアフォガート単体でも人気商品でいろんなお店で見られます。

 

 

フラペチーノとは?

 

おそらくこの名前、スターバックスでしか見かけないと思います。

 

それもそのはずでスターバックスの商標登録された商品名なんです。

フラペチーノとはフラッペとカプチーノを掛け合わせた造語で、コーヒーやクリームに氷を加えてフローズン状にしたモノを言います。

 

 

飲んだ感想

 

 

暑い夏なら正直冷たいモノはなんでも美味いのですが、よく味わいます!

 

最初にクリームの甘さが感じられて、その後エスプレッソの苦味の順番でやってくる

味です。

混ざり合った感じはなくクリームとエスプレッソの味が分かれている気がしました

 

クリームの甘さがエスプレッソの苦みを抑えています。

大人のためのフラペチーノとありますが、全然年代関係なく飲めるでしょ!

 

最後にどうしてもフラペチーノ部分が残るので甘味だけの味になるのは少し残念です。

公式サイトの内容通りよくかき混ぜることをおススメします。

 

もちろんクリームとしては美味しいですよ。

 

 

 

まとめ

 

f:id:caafa:20200809153533j:image

初めの方はエスプレッソの味も感じられるのですが、全体を通すとクリームの味が強いですね。

先にも書きましたが、エスプレッソ部分にはあまり期待しない方がいいでしょう。

 

甘すぎない適度な甘さですが、最後まで甘さが残るので結局は甘いものが好きな方向けですね。

 

エスプレッソという名前に気負わずに頼んで大丈夫です!

 

今回もご覧いただき有難うございました。

 

 

caafalife.hatenablog.com

 

 

caafalife.hatenablog.com